よろず屋ダイアリー

元不登校・HSP・ASD疑惑マンの思考回路

趣味

自分が出せる最大限の音域

僕はたまにカラオケに歌いに行くのだが、高音域が出せないばかりに、歌う曲はかなり限られる。 僕が最も歌いたいと思っているのは、シドやT.M.Revolutionあたりなのだが、 彼らの歌う曲はどれも高音域なので、1オクターブ下げなければサビの部分で詰んでしま…

多趣味風無趣味

僕には人に自慢できるほどの趣味を持っていない。どれも退屈凌ぎでたまたま手に付ける程度か、歯磨きや散髪のような習慣的なものといった価値しかない。 「やりたいこと」とは少し意味が違ってくるかもだが、自分に合う趣味を獲得するためにあれこれ奔走した…

断捨離したもの

僕は去年ごろ、大掛かりな断捨離をした。物だけなく趣味やPCのデータまで、ありとあらゆるものを捨て去って、今までよりもずっと身軽になれた。 今までの記事に、断捨離関連のものはいくつか投稿してきたが、今回は僕が断捨離の上で捨てたものを何個か紹介し…

「やりたいこと」を模索する手段の1つにコミケを挙げる

最近は同人誌即売会についての記事が多いかなぁという自覚を持ってるよろず屋ダイアリーです。 コミックマーケット 93 カタログ 出版社/メーカー: コミケット 発売日: 2017/12/11 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (2件) を見る 僕は「やりたいこと」…

FGO始めてから飽きるまで③

FGO始めてから飽きるまで② - よろず屋ダイアリー 前回は所持しているサーヴァントについて、僕が思っていることをざっと書いてみた。どれも魅力的で、愛があれば絶対に戦力にすべく、編成を整えるユーザーも多いと思う。pixiv等では、サーヴァントのイラスト…

FGO始めてから飽きるまで②

FGO始めてから飽きるまで① - よろず屋ダイアリー 今回の記事は前回の続きみたいなものだ。自前のサーヴァントについて話せるところまで話したいと思う。FGOを知ってる人向けの内容で、僕の主観が入っているので結構矛盾するところがあるかもしれないが、何卒…

FGO始めてから飽きるまで①

かつてプレイしていたパズドラについてのあらすじ 僕はかつてスマホでパズドラをプレイしていた。無課金ながらも強力なモンスターたちに恵まれ、そこそこ難しいダンジョンも攻略していった。 パズドラをやっている人なら分かるだろうが、僕は「陽炎の塔」で…

「やりたいこと」を見つけるのは難しい③

「やりたいこと」を見つけるのは難しい - よろず屋ダイアリー 「やりたいこと」を見つけるのは難しい② - よろず屋ダイアリー 僕は「やりたいこと」を見つけるべく行動してきたが、もう諦めの境地に達している。 視野を広げること、今まで無関心だったものに…

趣味なんて所詮は一過性のものでしかない

「趣味は?」と人から聞かれても答えられない。アニメ、旅行、筋トレは確かに取り組んでいることだが、他人の基準が分からないから迂闊に答えられない。下手に答えようものなら、夢や「やりたいこと」に勝手にタグ付けされてしまう可能性があるのだ。筋トレ…

漫画もある意味では洗脳ビーム

誰もが人生で何度か漫画やアニメを嗜んでいると思う。そんなコンテンツでよく耳にするのが「努力すれば夢は叶うんだ」とか「諦めなければ何とかなるんだ」という何の根拠もないただの理想論である。 コロッケ! 全15巻完結セット (コロコロドラゴンコミックス…

「やりたいこと」を見つけるのは難しい②

前回に引き続き「やりたいこと」を見つけるべく、僕がトライしてみたことを挙げていく。 賭け事 過去にカジノを訪れたことがある。そこで5000円ほど賭けたものの、見事に完敗してしまった。今まで稼いだお金がこうもあっさりと消えてしまう光景にゾッとした…

「やりたいこと」を見つけるのは難しい

今まで「やりたいこと」が何なのか模索し続けてきたが、やはり「やってもいいこと」レベルにしかならなかった。今までやってきたことを、僕のメモ帳兼ブログの記事にしようと思う。 英語 何度も記事にした内容で、僕が中高生のときに唯一本気になった(実力が…

絵描きの趣味もぶん投げた

英語以外に、僕は漫画を元友人のAと描く趣味があった。 漫画の方だが、Aがシナリオを構成して、僕が絵の方を仕上げるというかたちだった。Aの助力ありだが、僕がシナリオを書くこともあった。Aがストーリーで、僕がイラストという役割分担は完璧だったと言っ…

ある意味ではスマホに匹敵してるR4

ニンテンドーDSで遊んでいた頃、マジコンと呼ばれるソフトの存在を知った。当時は聞きかじり程度の知識だったが、 ①タダでDSのゲームができる ②形はDSカートリッジと同じで、microSDカードを挿入する部分がある ③MP3も再生できるので、音楽プレイヤーにもな…

得意なこと=好きなこととは限らない

僕は生まれつき他のものにほとんど関心を持つことができない。要するに心からやりたいと思えることが何もないのだ。 唯一それに近かったのは英語かもしれない 中学から始まった英語はそれなりに継続した。成績も人一倍高く英検も取得するなど、普通に得意分…

部屋の模様替え

まず始めに、既存のこちらの部屋を解体する。翼カンガルーもろとも…である。 流行りの断捨離に則って、オブジェクトを全て一掃する。 全てを無に帰した後に… 窓もオブジェクトの一つなので、最初から部屋の模様替えをするならこうなる。ちなみにこのドアはア…

Windows95の思い出

Windows95といった古いパソコンを使っていた方なら、これが何なのか分かるかもしれない。 「Pegasus For Windows」という、富士通のWindows95のパソコンに最初から内蔵されているアプリケーションである。 見ての通り部屋である。オブジェクトをクリックする…

声域も狭いし声自体も低い

僕はカラオケにおいて、男性ボーカルの歌をそのままでは歌えないことが多い。無意識に1オクターブ下げて歌うことになるので、たとえ好きな歌であっても、楽しさが激減する。 旧友だったAやBとはよくカラオケに行ったが、彼らは僕とは違い、声域や声音にも恵…

私が方向音痴なのはどう考えてもお前らが悪い

行きたい場所について調べるとき、駅から徒歩1~2分といった目安を見たことがあるだろう。 その場所の最寄り駅が分かっても、そこからどのくらい離れているのか分からなければ意味がないし、目印となるものもなければかなり厳しい。だからこそそういった目安…

コミトレ30に参加してきました

9月3日にインテックス大阪で開催された「こみっくトレジャー30」にサークル参加致しました。同人誌即売会の1つでもある「こみっくトレジャー(コミトレ)」ですが、一般の参加ではなくサークルでの参加が初見となりました。 ブログの方でも少し紹介した「爆ボ…

爆ボンバーマン2はN64で一番やり込んだ

爆ボンバーマン2 出版社/メーカー: ハドソン 発売日: 1999/12/03 メディア: Video Game クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 僕がN64のなかで一番面白いと思っているのが、この「爆ボンバーマン2」というゲームである。 最近になってTASの動画が出始め…

ただの趣味であっても一定のレベルを求められる

よく自己紹介等で、趣味を語ったりする機会がある。例えばバスケだったり、絵を描くことだったり、英語の勉強だったり。 本人としては、その趣味で誰とも競い合ったりはせず、空き時間にゆったりと行うだけのものも多い。 しかし、どうも世間様というのは融…