よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

就職せず自分の力で稼ぐ若者たち

どの会社もブラック企業だし、そんなところで健康を蝕むなら自分たちで稼いだ方が手っ取り早いですよ


f:id:kamigami000bond:20170522105145j:image

 そう語るのは先日高校を中退した○さんと×さん。二人は中退してからアルバイトを転々としてきたが、積み重なる過重労働の末、体を壊し退職。以降、職には就いておらず、個人でお金を稼ぐ方法を模索している。

 

 〇さんはSNSを通じて、同じく社会からドロップアウトした仲間たちとカツアゲを行い、何とか生計を立てている。支出を抑えるため、仲間と共同生活を余儀なくされているが、本人曰く楽しく過ごせているとの事。

〇さん「被害者の方には本当に申し訳ないと思ってます。いつか経済的に自立できたら、何らかのかたちで返金していきたいです。」

 

 一方、×さんは痴漢冤罪ビジネスによって生計を立てている。1日あたり最大で5万円は稼げるのだと言う。さらに、Fさんの得たそのお金は保険料や税金による控除を一切受けない。得た分だけ好きに使うことができるのだ。

 

×さん「男性の方には本当に申し訳ないと思ってます。しかし私も将来に備えて貯蓄しなければいけないんです。いつかこんな私にも旦那が現れるのだとしたら、その人に誠心誠意で尽くしていきたいです。」

 

相手は私たち若者からお金をむしり取っているであろう人を狙うようにしてますから、問題ないですよね

 2人は自分たちの行いを正当化するような発言をしている。特にありもしない加害者を生むということがどれだけ残酷かを理解していない×さんには、是非とも考えを改めるべきなのではないか。

 

 経済的に困ればすぐに満員電車の中で「痴漢」と叫ぶだけでお金が手に入ってしまう。これを世の全ての女性が真似をしたらどうなるか。考えただけでも男性にとっては恐ろしい事態である。痴漢冤罪は社会保障などでは決してない。お金に困ったのなら素直に生活保護を利用すべきである。×さんは何故そうしないのか。

 

×さん「だって恥ずかしいじゃないですか(笑)このビジネスなら仮に失敗しても適当に謝ればいいだけですから。未だに女性の社会進出が弱いだなんて言われてますけど、もう既に逆ですよ逆。女性大優遇社会に突入してます。

 

 女性大優遇社会なんて言葉は聞いたことがない。〇さんもそうだが、もう普通に企業に従事した稼ぎ方はできないのか。

 

〇さん「やっぱりお金は奪い取るしかないですよ。電通の女性社員が自殺したように、正直者がバカを見る社会ですから。」

×さん「普通に働くだけでなんで死に追い込まれなきゃいけないんですか!!!これがスタンダードな働き方だというなら、私は私の道を行きます!!」

 

 2人は自分の信念を曲げるつもりはないらしい。将来、こういったやり方が日常的に横行するのはもう目に見えている。世界的に治安が良いとされてきた日本だが、若者の貧困により治安が急速に悪化する日はさほど遠くないのだ。

 

 

 後日、〇さんは恐喝罪、×さんは名誉毀損罪及び脅迫罪で逮捕された。調べに対し2人は雇用されない生き方を模索するためであったと供述している。

 

 

 就職しない生き方を実践するのは各々の勝手であるが、他人の人生をズタズタにしてまで実践しようというならそれは決して許されることではないし、ましてや何かあったときの保険代わりにもしてはいけない。2人は身を呈して我々に教えてくれたのだ。

 それ以前に、そんなことするような人格者でありながら、よくもまぁアルバイトに従事できたものだと言いたいところである。