よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

集団行動でより、個人で能力を付けた方が効率が良い

「 社会は集団行動で成り立っている。だから集団行動ができない人間は社会不適合者である。」という言葉を耳に蛸ができるほど聞かされてきた。

 

 そういう意味では学校とは、集団行動する力を育む場所である。共に学び成長するというコンセプトの元に。

 

 だがむしろ集団内だと、能力を身に付けるにはとても非効率的だと思う。

 

 何か行動を起こしたとして、失敗してしまえば「何やってんだ下手クソ!!」「うわぁ、だせぇぇwww」と罵詈雑言の嵐。挙句の果てには「お前遅いからオレがやる!!」と行動すら起こさせてくれやしない。

 器用に何でもこなせるなら問題ないのだが、大抵の人は失敗することが多い。最悪の場合、萎縮し過ぎて周りの目を気にした行動しか起こせなくなる。

 

 それに集団内だとプレッシャーも掛かるため、相応のストレスが溜まる。

 

 確かに集団行動でないと身に付かないスキルというのはたくさんある。だがほとんどの場合は自分一人でやろうと思えば身に付けられるものばかりである。

 

 例えば調理スキルを身に付ける場合、集団でやろうと思えば、家庭科の調理実習で行うかたちになる。3人でチームを組んでハンバーグを作るとする。運良く気の合うメンバーで組むことができ、役割分担も良ければその調理スキルも向上するだろう。

 しかし運悪くDQNなんかと組んでしまえば、完全に除け者にされてしまい、終始皿洗いで終わってしまう可能性が高くなる。こうなるともうスキルの向上どころではない。

 

 

 不器用な人間ほど、他人の力を借りるために集団行動を心がけろと言われるが、逆である。他人にモチベーションをカツアゲされぬよう、一人でレベルアップした方がはるかに効率が良い。

 

 あくまでこの考えは、スマホという神器がある今の時代だからこそ適用されるもので、一昔前だと適用されにくいと思っている。だがそれでもこの考えを適用すべきである。集団行動を通して能力を身に付けることに固執する人たちに対しては。

 

 自分の能力向上を人に委ねるより、ほぼ全て自分の力でやってしまった方が手っ取り早い。