よろず屋ダイアリー

世の中の理不尽さを愚痴ったものが多いです。

他人に興味がないというより、興味を持ってもすぐに忘れるだけだと思う


f:id:kamigami000bond:20170714072542j:image

 「誰もお前に興味なんてないから、気にせず堂々としてろ!」という言葉をよく耳にする。

 

 ほぼ事実なのだが、僕はどうもこの言葉が苦手である。興味がないなんて言いつつも、揚げ足取りや冷やかしは欠かさない人もいる。

 

 本当に興味がないなら、そういうことの一つもしないだろという話である。他人に一瞬でも構ってる時点で、その人に関心があるということではないかと思ってしまう。

 

 そしてそれを嫌がる人は一定数いる。どれだけ「他人はお前に興味ない!!」なんて言っても、僅かにでも関心を持たれてしまうことに耐えられなかったりするのだ。

 

 「他人はお前に興味ない!!」なんて言葉はどうも真に受けてはならない気がする。具体的には最初は興味津々ではあるが、いつかほぼ忘れてしまう。なので結果的に、人は周りの人に興味がないということになるだけだと思う。

 

 周りと浮いている自分に、少しでも関心を持たれてしまうのはあまり良い気分でないことの方が多い。相手にとっては、たまたま蝶々を発見した程度のことで、一瞬だけ興味は持ったとしてもすぐに忘れるだけの出来事に過ぎないのかもしれない。周りと浮いているからという理由で、万が一相手が攻撃してくるなら、自分が悪いのではなく、根から悪人気質である相手に原因があると思えばいい。少なくともそのことで自分を責める必要性はない。

 

 日本人だからこそ、自分の気になるものにはすぐさま目を向けたがる。良い言い方をすると好奇心旺盛かもしれないが、悪い言い方だと排他的な要素を孕んでいる。