よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

時空の七騎士を持ち上げてみた

 

 引き続き「爆ボンバーマン2」の記述となる。しかしそのためにわざわざ画像も入手してきたのだから、もう少しだけこういった記事を投稿したい。

 

 相変わらず既プレイ者以外はほぼお断りするような内容で申し訳ないが、僕自身このゲームには非常に愛着があるのだ。最近ではゲームはほとんどゲーム実況の動画で済ませるため、滅多に自分からプレイすることがない(あるとしても適当にスマホゲーをする程度)。

 

 記事にして書き出そうとするほど愛着があるなんてほとんどない。あと既プレイ者の方がいらっしゃればコメントお願い致します。

 

 

 「爆ボンバーマン2」にもまた、ボスキャラと呼ばれる敵が存在する。時空の七騎士と呼ばれるそいつらは、ボンバーマンの持つエレメンタルを狙い襲い掛かって来る。

 

 その中でも紅蓮の炎 ベルフェルは、1面のボスでありながら初見殺しと言われるほどの強さを誇り、何人ものプレイヤーを再起不能にしてきたことで有名である(笑)
f:id:kamigami000bond:20170817200314j:image

 実を言うと、決してベルフェル自身のステータスが高いとかそういうわけではない(それでも即死攻撃も使ってくるから高い方か…)。強さの仕組みは主にステージ構成にある。何と言っても狭い、狭すぎるのだ。

 

 HPは初期のボンバーマンと同じく5で、攻撃力は1。攻撃範囲の広い炎攻撃と、気絶効果付きの突進攻撃を使う。HPが2以下になると即死攻撃を使ってくる。ぶっちゃけステージが広ければすんなりと回避できるのだが、実際は狭いステージの中でそれをしなければならない。ステージの狭さが難易度を一気に底上げすることになるとは。


f:id:kamigami000bond:20170817201428j:image

 前置きはここまでにして本題に入ろう。グローブを使えば、ボムやアイテム、ポミュ、雑魚キャラ(一部除く)、さらにはボスキャラ(一部除く)をも持ち上げることができるのだ。

 

 ただボスキャラに関しては、ステージの場外に落としてもまた元の位置に戻ってくるのであまり意味はない。


f:id:kamigami000bond:20170817201901j:image

 アスタロトに関しては、後ろの炎に投げ込んで炙ってやればHPを2も削ることができる。


f:id:kamigami000bond:20170817202043j:image

 人外だが女性キャラでも躊躇なく持ち上げるボンバーマンリリー(女神ミハール)は残念ながら持ち上げられないばかりか、ボムを当てても気絶することもない。


f:id:kamigami000bond:20170817202522j:image

 知らなかった人も多いと思うが、実はゾニアも気絶する。そうするまでもなく簡単に倒せてしまうからか、YouTubeの動画でも実践する人はほとんどいなかった。

 
f:id:kamigami000bond:20170817202757j:image

 こいつも残念ながら気絶しない。巨体であるベフィモスモロク、ラスボスの前座であるルキフェルスは分かるが、何か1人だけズルい感じがする。

 

 

 別に相手を気絶させなくとも、普通に爆撃してやるだけでダメージは与えられる。クリアする上で、どちらかと言えば不要な要素であると思う。

おまけ
f:id:kamigami000bond:20170817203624j:image

 普通にプレイしても、アスタロトが2階まで上ってくることはまずない。なので相手を気絶させて、無理やり2階まで運んでみた(笑)

 

 やはり一方的に空爆で倒しても面白みがないし、1階だけで戦うのもなんか飽きたし、たまには場所変えようぜアスタロトさん。


f:id:kamigami000bond:20170817204018j:image

 この後は彼の竜巻攻撃でボンバーマンはダメージを負う。戦闘中に場所が変わっていく流れは面白い。


f:id:kamigami000bond:20170817204408j:image

 あれ、もう降りるの?機会があれば3階でも戦おうね(どうあがいても上れなかったが…)。
f:id:kamigami000bond:20170817204632j:image