よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

人生が苦しいのは行ったり来たりを繰り返してるから

疲れた

辛い

休もう

もう少し頑張ろう

 

 人生とはほとんどがこの一連の繰り返しで、それ以上でもそれ以下でもない。

 

 

 

しないことリスト

しないことリスト

 

 

 こちらのphaさんの本にも記載されていた内容を、記事の冒頭にて纏めてみたが、当てはまり過ぎてて逆にヤバかった。

 

 人のペースには波がある。機嫌が良いときと悪いときは誰しもあるもので、それは本人にもコントロールすることができない難しい課題だ。

 

 人生に疲れたと思っても、時間が経つか、他のことをすることで、いつの間にか何ともなかったかのように正常な思考に復帰する。そしてまた何かしらのきっかけで、そんなマイナス思考に陥っては復帰しての…まさに無限ループ・ウロボロスの輪である。

 

 

 人は誰しも完全に正常ではいられない。ポジティブ→ネガティブ→ポジティブ→ネg…を一生涯にわたって繰り返しているだけである。この流れを上手く繰り返せる者こそ、「正常」及び「普通」と呼ばれる存在である。

 

 逆にネガティブにはまってしまったまま、そこから抜け出せない人も大勢いる。僕もどちらかと言えばこちら側かもしれない。

 

 細かく言うと僕の場合は、ポジティブとネガティブを繰り返し続けること自体に嫌気が差している。一度上機嫌になっても、「このあと気分が落ち込むんだなぁ…」 ということになる。

 

 何よりそういったサイクルを何十年も繰り返さなければならないんだと思うと、むしろ早くこの世界から解放して欲しいくらいだ。

 

 所詮人間なんて、別の人間のエゴや世間体のためだけに生み出されたもので、そこには何の意味もない。コウノトリが運んで来ただの、「私は可愛い貴方に会いたくて産んだのよぉ♡」とかアホかと言いたくなる。まぁどれも適当な言い分だが。

 

 雨が止めば晴れるし、晴れているといずれまた雨が降る。「気分が落ち込んでもまた元気になるんだからいいじゃん♪」という問題ではない。その繰り返しの日々が嫌なのだと言いたい。かと言ってこの現状を打開するのはとても至難の業なので、臆病な僕にはまだまだ実践できそうにない。

  

 

 繰り返すという流れを苦痛に思う人間だっているのだ。それを「甘えている!!怠けている!!!いつかは楽になる!頑張れ!!!」と切り捨てるなんて残虐極まりない。