よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

いずれいなくなる人の意見を指針にしてはいけない


f:id:kamigami000bond:20170909160106j:image

 「〇〇する方がいい!!」「お前は〇〇すべきだ!!!」と命令してくる人たちは、親族も含めて僕の周りに一定数いた。

 

 正論を振りかざして人に命令する一方で、自分は好きなことやって楽しんでいる。

 

 元友人のAもそうだった。というよりAも、根の部分では自分より下だと思った人を支配したかったのかもしれない。

 Aの意見が僕にとって正しいもので、僕がAの思い通りに行動したとしても、その責任は僕に発生する。その際Aも含めて、「〇〇をやれ!!」とは決して口にしない。「〇〇すべき!」「〇〇した方がいいのでは…」と、あくまで自分は一意見を述べただけだよ的な言い方をする。

 

 成功した場合は全部自分のおかげで、逆に失敗した場合は全部相手の責任にするのだ。

 

 同じようなことを命令されたりする状況こそ続くが、その命令する人がずっと同じ人であり続けることはない。どんな人でもいつかは自分の目の前からいなくなる。

 

 そのいなくなる人を絶対的な指針にしていては、確実に人生に悪影響が出る。第三者から見れば、自分の意思がなく他人に依存してきただけの人になる。「××さんが言ったから…」「××さんがそうすべきだと仰ったから…」なんて意見を間に受けてしまうくらいなら、いっそのこと耳に栓をすべきである。

 

 相手を思い通りにしてくる人は、好き勝手言うだけで何の責任も取らない。そんな相手はもう無視するか、距離を置いてしまいたいところだ。