よろず屋ダイアリー

興味のあることについて書いていきたい

人生のスタートラインは生殖細胞だと主張する親


f:id:kamigami000bond:20170915165113j:image
 子どもが親に問う。「何故私を産んだのか」と。

 その問いに対して、親は「あなたに会いたくて生んだのよぉ♡」とか「コウノトリさんがあなたを私たちの元に運んできてくれたのぉ♡」というクソみたいな回答を用意するだろう。

 それか素直に「そうだ!!お前はオレたちの汚い私欲によって産まれたのだ!」「あなたは私たちのエゴの塊よ!!成人するまで、あなたをどうするかも私たちの自由よ!!!」と開き直るのだろうか。

 

 人間は残虐な生物だ。生きていくためならどんなに酷いことでも行う。他の生態系だけでなく、同じ人間に対してもだ。

 

 その一つが、自分たちの幸福のために、何年続くかも分からない理不尽かつ苦痛だらけなRPGを、子どもに強制的に押し付けること。

 

 人生が苦痛の連続であるというのは最早明確なのに、自分がその苦痛から少しでも逃れたいがために、産まれてくる子どもにそれを押し付ける。

 

 そして生まれてきた子どもが、「何故私を産んだのか」と親に問い詰めれば、「何故お前は生まれてきた?」と返答する親もいる。

 

 その親は生殖細胞のときから意識があって、先に卵子にたどり着こうと必死にもがこうと頑張った記憶でもあるんだろうか?逆にその親はこの世の何に魅力を感じて生まれようと思ったのか?様々な苦痛のリスクを抱えてでもそうしたかったのだろうか。

 

 胎児もまた人としてカウントされない。にも関わらず、その段階で「ちゃんと産道を通れなかったのはお前の責任だ!!」「妊娠中でもお酒飲んだけどぉ、アルコールを上手く代謝しなかったお前が悪い!!」とか言う自分本位な親が増えている。

 

 障がいを持って生まれた子どもに対して「腹の中で一体何してたんだこのアホンダラ!!!」「なんで肉体形成しくじってんだよテメェ!!!」みたいな言い方をするのは、あからさまなエゴイストだ。

 

 そしてその子どもが自分の思い通りに育たないのなら、虐待して殺したり、家から叩き出して施設に隔離したり、実にやりたい放題である(ここまで行動を起こすことは滅多にないだろうが、起こしたいとは確実に思う)。

 

 そもそも動物でもある我々が、子孫を残さないでおく理由なんて微塵もないし、残す理由もまたない。普段は動物的とされる行動(腹が立ったら人を殴る、男性なら女性を一方的に襲う、周りの目線を何一つ気にしない行動を取るなど)を忌み嫌っておきながら、この場に限って、自分もまた動物であることを全面的に肯定し、子どもを産むのだ。

 

 それ以前に、食用に牛や豚や鳥などの動物を殺したりはするが、犬や猫は生かしたり(事情によっては殺すだろうが)、森林伐採オゾン層の破壊など、地球上の他の生き物にとって様々な問題を引き起こしてきた人類だ。今さら産まれてきた子どもの感情程度のことを考えたりはしないのかもしれない。

 

 日本は少子化の時代に突入しているが、老人の奴隷になることが分かりきっているのは言うまでもない。高齢化問題さえどうにかできれば、少子化はこちらとしてはどうでもいい。

 むしろ生まれる子どもの感情のことを考えると、産まないのもあながち間違いではないだろうと思う。子どもを産まないことで適用される罰則なんて何一つないことだし。

 

 余談だが、自分に持病があるにも関わらず子どもを産もうとする親、無一文にも関わらず子どもを産もうとする親は特にヤバい。親子関係を作るのが絶対的な目標になっていて、周りが見えていない。バトル漫画の主人公にも匹敵する執着心が垣間見える。

 

 ほとんど私情が入り乱れた内容になってしまったが、子どもは親の一方的な私欲で生まれるにも関わらず、生まれてくる子どもに全ての責任を押し付ける人の存在があまりにも図々しいと思ったので、こうして文にしてみた。