よろず屋ダイアリー

元不登校・HSP・ASD疑惑マンの思考回路

私が方向音痴なのはどう考えてもお前らが悪い


f:id:kamigami000bond:20171012230548j:image

 行きたい場所について調べるとき、駅から徒歩1~2分といった目安を見たことがあるだろう。

 その場所の最寄り駅が分かっても、そこからどのくらい離れているのか分からなければ意味がないし、目印となるものもなければかなり厳しい。だからこそそういった目安は非常に役に立つし、誰にとっても必要不可欠な情報だ。

 

 しかし駅からすぐの場所と言われても、駅によっては出口がたくさんある。それでも親切に「〇〇駅××番出口」と案内があれば上出来だが、最寄り駅Onlyの場合も少なからずある。出口が複数あるにも関わらず、駅名のみというそんな大雑把な説明は誰も求めていない。むしろ無駄に歩かせて体力を浪費させうる害悪な情報源と言っても過言ではない。わざわざネットで一つ一つ調べなきゃならんのは勘弁だ。

 

行きは丁寧に説明しているが、帰りについてはスルーしている旅行本

 他にも観光地への行き方だけを掲載し、帰り方について知らんぷりする旅行本が数多く蔓延っている。

 

 電車ならまだ構わない。だがタクシーやバスとなると、行きはどうにかなったとしても帰りが不安になる。帰りも行きと同じような要領でいけば良いのだろうか、それとも「行きは教える。帰りは知らん。無理だったらそこで死ね。」というスタンスなのか。

 

 タクシーだとチャーターでもしない限り、目的地に着いた瞬間、その場所に取り残されるだけだろう。

 バスに関しても、帰りのバス停がどこにあるのか分からなければ、タクシーのときと同じだ。それに観光地で運良くバス停が見つかったとしても、時刻表が分からなければ予定が狂うのも目に見えている。

 

 

 やはりと言うべきか、目的地の行き方について書いている側は、帰りなんて当たり前のようにこなせるのだろう。行きが大丈夫だったから、帰りも特に問題なしなんてありえるはずがない。

 

 一体何のための旅行本なんだろうか。行き帰りができてこその観光旅行なのだが、「帰り?そんなの知らん( ̄σ・ ̄)あとは勝手にしろカスw」の本やサイトばかりが陳列している。

 

 前述したが、タクシーだとチャーターが前提だったりするし、バスにしても、行きの時刻表と帰りの時刻表が必ずしも同じとは限らない。むしろバスだといろんな路線が入り乱れている可能性だってあるのだ。それを「△△番線のバスに乗れば行けるよー(´-ω-`)」 だけだと、万が一トラブルが起こったときに何も対処ができない。中途半端な情報なら初めから発信しないで頂きたいものだ。

 

 

そんなのはお前が方向音痴なのが悪い…だと?

 確かにそうだろうと思う。僕は旅行に行ったときはよく道に迷う。たとえ徒歩ですぐの場所でさえ、ひどいときには10分以上掛かってしまう。見知らぬ土地に来たら、とにかくスマホで写真を撮る。迷ったときの保険はバッチリ取っておくのだ。普通の人だと絶対にここまでやらないが、 僕の場合は例外だ。

 

 

要約

・駅から徒歩ですぐの場所でも、目印となるものがなければ何も分からない。

・旅行本は観光地の行き方しか書いてないからクソ。帰り方も知ってこそ、安心して旅行に行けるはずなのに、みんな帰り方だけはそれぞれ自分たちの力で見出したい情熱集団(アホか)。

・よろず屋ダイアリーは方向音痴で、それを周りのせいにしてる屑。

 

 また間が空いてしまったが、ネタが思いついたときはすぐに更新するので、今後ともよろしくお願いします。