よろず屋ダイアリー

元不登校・HSP・ASD疑惑マンの思考回路

「やりたいこと」を見つけるのは難しい②


f:id:kamigami000bond:20171130222542j:image

 前回に引き続き「やりたいこと」を見つけるべく、僕がトライしてみたことを挙げていく。

 

 

賭け事

 過去にカジノを訪れたことがある。そこで5000円ほど賭けたものの、見事に完敗してしまった。今まで稼いだお金がこうもあっさりと消えてしまう光景にゾッとした。以降、パチンコやスロットといったギャンブル系のゲームには触れないでおこうと思った(今まで触れた覚えはないが)。ギャンブラーとして生計を立てるのは無理だと確信した。

 

 

植物栽培

 簡易キットを購入し、椎茸を栽培したことがある。木片に水をやってから、わずか数日で椎茸が巨大に成長したのには驚いた。採れたての椎茸は格別に美味しかった。

 

 …それだけである(笑)

 

 やはりキノコの専門家とかになりたい欲は湧かなかったし、その他の植物(きゅうりやトマト)の場合でも結果は同じだろうと思った。農家になりたいとも思わなかった。

 

 

料理

 僕は自炊もするが、基本的には外食で済ませることが多い。野菜やお肉を切って料理するのは楽しいが、洗い物がクソ面倒臭い。見栄えとかは特に気にせず、料理なんて食べやすくて味が良ければNo Problemだと思ってる。

 

 料理人としての適性もなし。それ以前に綺麗に作るのが苦手なので、「やってもいいこと」でもないかもしれない。本当に何やっても上手く行かん自分が嫌になるわ…(*゚-゚)

 

 

楽器

 過去にピアノを習っていた。しかし数年以上経っても両手で弾くことすらできなかった。僕のやる気のなさもあるかもしれないが、費やしたピアノ代で遊んでた方が、圧倒的に有意義だったと思う。音楽の授業でも、他の人に一切引けを取らない…ことはなかった。

 

 今トライすれば最低でも両手で弾けるようにはなるかもしれない。しかしそれでも「やりたいこと」までは到達しないだろう。

 

 学校のリコーダーですら、指定された音を出すことができず(音が裏返る的な)、リズムに一瞬でも乗り遅れると壊滅する。それ以前に楽器に唾を付けるのに抵抗があったのだ。

 

 

裁縫

 そもそも手先が不器用なので、職人技みたいな芸当は僕には到底できない。家にミシンがあったので、ミシンを適当に起動させて動かすことはできたが、セッティングが全くできなかった。

 

 糸で縫うという動作は辛うじてできたが、何の役にも立たずに終わりそうだと思った。

 

 

自動車の運転

 運転免許証は持っているが、全くと言っていいほど運転ができない。全ての試験は運良く初見でクリアできたが、それまでの講習はやり直しの連続だったのだ。

 

 進路変更で3回ほどやり直しになり、信号無視で2回ほどやり直しになった。決して悪ふざけをしたわけではなく、普通に挑んだ結果がこれなのだ。ここまで運転するのが苦手なのだから、もうこれからの人生で自動車を運転することは決してない。

 

 自動車でこのザマだ。パイロットの適性なんて天と地が逆さまになっても持ちえない。

 

 

断捨離

 これがおそらくは1番得意なのかもしれない。今まで開封しなかったアニメグッズを容赦なく売却したり、卒アルや会わなくなった友人の連絡先といった思い出も無慈悲に切り捨てた。容量も大きいのでLINEの垢も早く消してしまいたい。

 

 戦前を生きたご老人じゃあるまいし、みんな物に執着し過ぎだろうと思う。勢い余って自身の命も断捨離してしまいそうな気はするが、そんなに悪いこととは思っていない。

 

 

やったことはないが、今までの経験で判断できるもの

 土木系は100%無理。仕事内容もそうだが、まず人間関係で確実に躓く。まず職場環境も悪い場所が多そうだし、確実に肺とか病んでしまいそうだ。「やりたくないこと」なので、他よりもそれが明確になっているだけまだマシか。いや、そもそも「やりたくないこと」って言ったら労d…(>o<;))((;>o<) ゴホゴホ

 

 何かを教える仕事も無理だと思っている。人と話すのが好きでもないし、人見知りというよりコミュ障に分類される人間だと僕が思っているからである。

 

  

結局やりたいことなんてなかったし、これからも見つからない

 大抵の場合、小中高でいろんな体験をする機会があるはずだ。遠足や修学旅行、社会見学、体験学習など、意外にも学校側は生徒に数多くのチャンスを与えていると思う(しかし同時に、いじめや体罰というかたちで、生徒を病ませたりもしているが)。

 

 本来であればそれらのチャンスを通じて、将来「やりたいこと」を見出すものなのだ。理由はどうあれ、何度かチャレンジして興味を惹かれなかったのなら、もうその分野には関心がないと思った方が良い。再チャレンジしても結局はできなかったり、大した興味も持てないまま終わるだろう。

 

 「やりたいこと」がなければ、せいぜい「やってもいいこと」を淡々とこなさなければならない。僕なりにこれからも(特に期待してないが)何事にもチャレンジしていきたいところだ。 

 

 前にも似たようなこと書いたが、特に僕は気にしない(したくない)。