よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

害になる友人はマジでいらない


f:id:kamigami000bond:20171208225858j:image

 僕はAとは友人だった。そしてBAの友人である。僕はBとは反りが合わないし、Bも僕と同じことを思っている。それに加えBは、僕の能力を否定したり、言葉の揚げ足を取ったりしてくる。

 

 

自身の直感をもっと信じるべきだった…

 他にも、Aと一緒に何の連絡もなしに僕の家に押し掛けてきたり、なかなか帰ってくれなかったりとやりたい放題だった。主犯はBで、ABに合わせている。その頃から「こいつとは関わるべきではないんじゃ…」とは思っていたが、Aを信じたいとも思っていた僕はずっと我慢することになった。

 

 

周りがドチャクソ言おうが、自分の感性に従え

 友だちが少なかったのもあり、ABと関わらなければならないという周囲の圧力も感じた。ここで僕が彼らを拒否すれば、世捨て人になってしまうのではという恐怖から、彼らとの縁を続行するハメになった。今思えば別にそんな極端なことにはならず、むしろストレスから解放されて健康的になった程だ。Bと遊んだ後は、決まりきって疲れ果てていた。当時はそんなんじゃ駄目だと躍起になっていた。

 

 そんな僕が彼らから離れられたのは、自分の判断に多少なりとも自信が付くようになったからでもある。いろんな理由こそあれ、最もな理由はやはりBが嫌だったからだ。

 

 

友だちを信じ切るのは難しいこと

 Aを信じたいという気持ちはあった。しかしそれ以上にBと縁を切りたかったのだ。友人を信じるのは重要なことかもしれない。しかしそれで自分が潰れてしまうのは本末転倒だと思った。AにもAなりの考えというのはある。都合良くBとだけ離れて、Aと仲良くするという選択肢だが、残念ながらそれはA自身が認めてくれなかった。

 

 Aにも独自の考えがあり、それを根本的に変えることは誰にもできない。Bと絶縁しAとだけ遊べたとしても、それはAの本心では決してないだろう。

 

 そういうわけで、僕がABから離れるのは確定事項だったのだ。僕は友達が少ない。しかし僕にも取捨選択する権利というのはある。

 「友人を作るのが下手なら、できた友人を何としてでも離さないのが普通だろ!」なんて言う人は、ブラック企業を辞めたいと思っている人を見ても「せっかくお前みたいなグズを雇ってくれたんだから、文句言うんじゃねぇ!!」とか言うに違いない。

 

 

都合良く動いてくれる人さえいれば、別に友だちはいらない

 友だちを必死に作ろうとする人は、周りの意見に依存してきたのが多いんじゃないかと思う(僕も人のことは言えないけど)。困ったときはいつもその友だちに頼り、自分はと言うと相手に何も返してなかったりする。

 

 他人からの支援欲しさに友だちを作るのはハッキリ言って止めるべきだ。友だちになったとしても所詮は他人なので、困っていることがあっても大して期待しない方が気楽だと思う。

 

 友だちは絶対に不要と言いたいわけじゃない。確かに友だちはいるに越したことはないが、別に執着するものではないし、関係を維持するのに躍起になってやる必要もない。適当に接しても大丈夫ならそれで良いし、離れていくならその程度の関係だっただけの話だ。

 

 

友だちは状況次第で善にも悪にも成り得る

 友だちというのは、自分のライフステージ毎に付き合う相手が変わるもの。無理してるなと思うなら遠慮なく切ればいい。縁を切ると時々こちらを攻撃してくる人もいるが、そうなったならもう仕方がない。最初からそいつを跳ね除けなかった側にも非はあるものだ。攻撃してきたのなら、「うわぁ、マジかこいつ。やっぱ縁切って正解だわ(笑)」とでも考えておこう。通り魔に遭ったようなものだから、対処のしようがない。

 

 関わるべきかどうかは大体直感で分かることも多い。面と向かって本能的に「こいつ何かヤバいっすね…」と少しでも思ったら、もう関わらない方がいいだろう。っていうか少し粗が見えただけでも距離を置いても問題はないかもしれない。

 

 「そんなことで友だち作りの機会を…!」と思われるだろう。人の輪に入るのが好きな人ならもう少しそういう人と話をしてみてもいいかもしれない。しかし僕にはその気が起こらないし、そこまで労力を割きたくない。

 

 

まとめ

Bは僕を否定してきたり、僕に迷惑(本人はそう思っていない)も掛けさせたりした。

・そんな僕はBと縁を切りたいと思ったが、最初は周りの圧力等でできず終い。

・そしてBと縁を切るということは、Aを信頼していないということ。

・僕はAからの信頼をなくしてでも、Bと離れたかった。別にAと距離を置きたいとは思っていない。

・2人と縁を切ったらストレスフリーになった。健康面では大正解。今のところ、特に損害なし(仮にあるとしてもメリットの方が大きく上回るだろう)。

・友だちは善や悪になる。それを見極めて関係を続けるか否かは自分次第。

 

 結局、新しい人間関係を構築してもその先にはどうしても面倒臭い人間というのは存在する。その邪魔な人間を都合良く排除できればいいが、関係を続ける上でそいつを避けられない場合、いっそのこと全部切ってしまっても大丈夫だと思う。まぁ適当に流せるなら流せばいいし、自分の健康面と相談してみればいいと思う。

 

 僕はその辺り我慢し過ぎたので、その分体力の回復が遅れたし、時間も労力も無駄にしてしまった。周りに流されず、何事も自分の直感を信じた方がいいな。