よろず屋ダイアリー

元不登校・HSP・ASD疑惑マンの思考回路

大嫌いだった家族旅行


f:id:kamigami000bond:20171218234348j:image

 僕は旅行するのは好きであるが、他人と一緒に行くのはむしろ嫌いである。ペースを合わせなければならないという点で、非常に疲れてしまうからだ。

 

 他の場所を観光しようとしても、やれ「ホテルでゴロゴロしたい!」だの「タクシー高い!!徒歩じゃないと行かない!」なんて言い出す連中がいっぱいいるからだ。

 

 行く相手が悪いと言われればそれまでだが、どんなに仲が良くてもハプニングが発生すると、いとも簡単に言い争いは起こるものだ。

 

 不安な点はもちろんあるが、それ以上に1人旅の方が気楽だし小回りも効く。何かしら失敗しても、自分だけが損をするだけで周りを巻き込むことは一切ない。

 

 他人と一緒に行くとしても、相手には何も期待せず、単独でも行動できるように準備を整えておく。そしてその相手もこちらには何も期待しない。お互いに期待し合わないからこそ、複数人で旅行できるものではないだろうか。目的地が違えばとりあえずその場では別れ、後でまたどこかで合流する。完璧だ。

 

 

親の空気を読めないセリフが嫌で嫌で堪らなかった

 長い前置きはここまでにする。僕は友人とどこかに行くのは億劫だったが、それ以上に家族と旅行するのが苦痛だった。当時は自分1人じゃ行きたいところにも行けないし、完全に親の主導権に支配されるのが苦痛で仕方なかった。それに旅行に行ったときの両親の会話というのが、

 

「日本も将来、経済状況がガタガタになっとるんやろうなぁ(´-ω-)」

 

「こうして旅行できるのも今しかないんやでぇ (。-`ω´-)」

 

である。

 

 事実だけど、少なくともそれを旅行中に言うなよ。行きたくもなかったけど、どうにか楽しもうと重い腰を上げようとしていたのに、何故そう容易く僕の気力をへし折ってくるんだよ。それ以前に経済状況がガタガタになると分かっていながら、何故子どもを産むのかって話だ(一方的なエゴなんだろうけどさ…)。まぁそんな状況でも生きていけると、自身の遺伝子に相当自信があったのだろう。

 

 旅行中にも関わらず、全く空気の読めないことを喋った本人たちに悪気はない。あの人たちも、まだ子どもだから理解なんてできないだろうと高を括っていたのだろう。でも僕ははっきりと覚えている。楽しいことをしているときに水を差されるのは誰だって不快だ。せめてそういうときくらい自重することはできなかったのだろうかといつも思う。

 

 

家族との旅行嫌いに拍車を掛けたツアーサービス

 それに加えて、家族と旅行するときはツアーが多いので、ただでさえ不自由なのにそのときになるとかなり最悪である。少しヘマをしただけで他の観光客からの視線がヤバい。お客さんであろうが関係ない。ツアーに参加した以上、連帯責任を負わなければならない。ヘマをしたせいで、周りの人たちに迷惑を掛けるのだ。他人の迷惑を許容できる自分はOKというわけにはいかない。みんな頑張って休暇を作って旅行を楽しみにしていたのだ。自分のちょっとした不注意でそれを全て台無しにしてしまう可能性があるなら、僕は単独行動を選びたい。責任というプレッシャーを背負う訓練と割り切れば、ツアー旅行も案外楽しいのかもしれない。

 

 僕の家族はよくツアー旅行を選ぶので非常に困る。自由行動もあるにはあるが、何分までに〇〇集合とか、××に出発しますとか、そういうのに縛られると僕はよく疲弊する。そんな僕にとってツアー旅行とは、見えない手錠を掛けられているに等しい状態であった。

 

 ツアー旅行はバスでの移動が大半だ。例えば休憩時間に尿の調整を怠ったとしたら……結果は想像に難くない。スケジュールによっては、車内でお弁当を食べることもあるが、揺れが激しいとなかなか食べられないし、何かの拍子に中身がこぼれるから嫌である。おまけにそんな場所で飲食すると、必ずと言っていいほどお腹の調子が悪くなる。

 

 

まとめ

 今ではもう家族とは旅行に行かなくなった。と言うより、行ってもお互いに楽しめないと思ったからだろう。僕の親も、僕と同じく単独行動派なのだろう。「友人とは駄目だったけど、血を分けた我が子と一緒だったら絶対に楽しいはず…!」みたいな過度な期待をしていたに違いない。バカ過ぎるわマジで。

 

 1人で旅行するのは、始めは難しいかもしれない。しかし慣れを重ねると緊張感も次第になくなっていく。国内だったらホイホイ行けるが、外国だとやはり慣れにくい。1人だと予め決めておいた旅程に真剣に取り組めるのが良い。他人がいると、どうしてもその人に依存しがちになってしまう。おまけに1人旅をすると、自己肯定感もほんの少しアップする。余裕があればオススメ。

 

 ざっとまとめると、よろず屋ダイアリーの両親は旅行中にも関わらず、日本の経済状況の話などをする空気読めないマン。ツアー旅行が多く、僕の自由がまるでなかった。さらに記念撮影もしてくるので、あのとき両親は子どもをおもちゃとしか見てないんだろうなと思った(まぁ出産自体エゴだししゃあない( ̄σ・ ̄))。