よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

地震を恐れないために僕がしていること


f:id:kamigami000bond:20180225065728j:image

地震はとても恐ろしい。

 

台風とは異なり、いつ発生するのか分からないし、どのくらいの強さで起こるのかも分からないからだ。

 

 一般的には非常食を用意したり、家具が倒れてこないよう整理するなど、対策案自体は結構出回っているように思う。

 

しかし今回の記事は、地震が来た後というよりむしろ、地震はいつ起こるか分からなくて怖い、どうすればいいのかについて記述している。

要は大きな地震が来ても、それによる精神的なダメージを極力抑える方法を綴った記事である。

 

決して命が助かる方法などではなく、むしろあっさり死ねるなら、それに越したことはない。それよりも、怪我によって後遺症を負ってしまう方がずっと怖いのだ。

 

違った意味を持った地震対策だが、ご紹介していこう。

 

断捨離しまくる

 

はい、結構ありがちな考えですね。

 

そもそも転倒する家具さえ捨てておけば、転倒してくるもの自体がなくなるので、ほぼ問題解決と言える。

 

転倒する家具とは主に服を収納するタンスや、食器類を保管する棚である。

正直な話、それらの中身をダンボール箱に移すなりしてから撤去できればすぐにでも解決するのだが、服なんかは容易に丸めちゃいけないものもあるから難しい。

…と言ってもスーツやコートくらいだろうから、埃が被らないようにカバーか何かをかけておき、その辺に吊るしておけば問題ないと思う。

 

いつ転倒してくるか分からない家具を置いておくなら、こうしてなるべく物を減らしていきたい。

 

犬が吠えまくれば、近日中に大きな地震が来ると心に留めておく

 

動物は地震前になると、普段とは違った行動を取ったりすることが多い。

 

その他にも地震雲や地鳴りなど、その前兆とも言われる現象は多々発生している。

 

少なくとも外で犬が吠えまくっているのを聞いたら、僕は「そろそろ地震が来るな…」と身構えている。

大抵は無駄吠えであることが多いのだが、それでも長時間続くと、そうは思えなくなってしまう。

 

カラスとかスズメも地震の予兆を察知できる動物だと言われているが、僕的には犬が一番分かりやすいと思う。

どの家庭の近所でも、飼っている人は結構多いので、よく鳴き声が聞こえてくる。

 

少し吠える程度なら気にしなくていいが、あまりにも吠えすぎているなら、少し警戒しておいた方がいいと思う。

 

貯金に固執せず、欲しい物があればとりあえず買っておく

 

大地震後だと「細々と貯金して惨めな暮らしなんて続けず、いっそのこと使える範囲でガツンと使っておくべきだった…」と後悔するに違いない。

 

クレジットカードやキャッシュカードを紛失し、第三者の手に渡ったことで口座の金銭を取られたりする。照会する情報がなくなり、再発行もできなくなる可能性だってある。

 

地震だけでなく、事故や病気で体が動かなくなったときも同じである。

 

お金は墓場に持って行けないから、常に限界まで使い切れと言いたいのではない。

いつなくなるかも分からないのに、変にケチったりしてストレス溜めまくるのはバカらしいよねって話…のつもりである。

買えるのであれば、自分が欲しいと思ったものはとりあえず手に入れよう。高いものだとしても後悔することはないと思うし、万が一後悔するとしても、次からその教訓を上手く活かせばいいだけの話だ。

 

ちなみに小中高の僕はこういう思考に陥ったせいで、学校以外のところで知識や経験を得る機会がほとんどなかった。

金を持ってる人が偉いとかすごいのではなく、日々自らを充実させるためにお金を使う人の方が偉くてすごいのだ。

 

まとめ

 

これは地震対策に関するものではなく、地震が来ても精神を落ち着かせるだけの教訓に過ぎない。

 

ぶっちゃけた話、倒れてくる家具なんて撤去して、地震の予兆と思われる現象を適当に気にかけておき、節約や貯金に執着せずに欲しいと思ったものにとりあえずお金を使っておく。そうすればある日突然、大地震で金銭を失ったとしてもまだ耐えられるのではないだろうか。

 

少しでも「別にそこまでして買わなくていいかなぁ…」と思ってるならむしろ買わない方がいい。

「とりあえず」という言葉を結構使ってると思うが、別に大した意味はない。

 

あーあ、地震なんか来なけりゃいいのに…