よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

食べ飲み放題なんて元が取れないばかりか、下手すると体調を崩すだけ!!


f:id:kamigami000bond:20180216112711j:image

 

まず始めに、僕は食べ飲み放題というコースが大の苦手である。数ある料理の中から、自分の食べたい物を選ぶのが面倒くさい。最初から定食屋行った方が楽。

 

そして大人になると、キャパの限界値が著しく下がってしまう。その結果、元を取るのが非常に難しくなる。

 

 

子どもの頃は、今よりも食欲旺盛で早食いだった。そんな当時の僕にとって食べ飲み放題とは、“理想郷そのもの”と言っても過言ではなかった。

 

 

 

モッタイナイからという理由で、自らのキャパを顧みることなく、無理に食べたり飲んだりするので、いつも腹痛に襲われていた。

本当にアホらしいし、始めから利用しなければいいのにと思ってしまう。

 

 

大人になっても、油濃い惣菜とかラーメンを平気で食べられる人もいるらしい。羨ましい話だが、あとで胸焼けしても知らんぞ!!!

 

 

 

そもそも食べ飲み放題のできる飲食店は、余った食べ物をタッパー等に入れて持ち帰ることができない。そんなことされたら店が潰れてしまうか。

 

キャパ超えしないよう、適量を食べるのがベスト

 

結局どれだけ食べても、人間の栄養を吸収する力には当然ながら限界というものがある。

 

 

 

吸収されない分は無駄に排泄されるだけに終わってしまう。

 

 

 

いくらお腹が空いてるとはいえ、腹に入れた栄養の全てが身体に吸収されるということは決してない。過剰分は脂肪になるかトイレに流れるかがオチである。

 

元を取ろうとすると偏った物しか食べられなくなる

 

食べ飲み放題のコースで、炭水化物を摂取するのは厳禁である。

 

 

あっという間に満腹になり、元が取れずに損してしまう。

 

しかしだからと言って、タンパク質や食物繊維だけというのもなかなかしんどい。

 

 

 

焼肉食べ放題なんかは、基本的に肉(タンパク質)しか食べなくなる。

肉ばっか食べても平気な人は平気なのだが、僕の場合はそれに耐えられなかった。むしろあと一歩でリバースするところだった。

 

 

栄養が偏るのは、身体にとっては猛毒なのだ。

 

まとめ

 

食べ切れないにも関わらず、その場のノリで料理を注文する行為がアホらしいし、滅茶苦茶もったいない。飲み会とかでも、食べ飲み放題できる居酒屋はたくさんある。

もしかすると食べ飲み放題というコースは建前で、本来は集会がメインなのかもしれない。