よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

【DEEN版】Fate/stay night アニメオリジナルエピソードで面白かった場面をまとめてみた

今さらだが「Fate/stay night」とは、2004年にTYPE-MOONから発売されたコンピューターゲームである。

 

 

詳しいことが知りたいならFGOをプレイしてみた方が手っ取り早いので、ここでは大幅に説明を割愛する。

 

 

  

 

ざっと説明すると、聖杯という願望器を巡り、七騎のサーヴァントたちが戦争するというお話。サーヴァントは魔術師が召喚した使い魔みたいなもん。

 

 

笑いあり、涙あり、恋愛あり、熱い展開ありの超大作でーす(棒)

 

 

ギャルゲーみたくルートなるものが存在し、個々のルートによってストーリー展開が大きく変わる。

 

 

 

セイバールートアーチャールート桜ルートの三つがありますが、この記事ではどちらかと言うと、セイバールート寄りの内容になります。

 

 

今回取り上げるのは、TVアニメ版「Fate/stay night」で活躍した、アーチャーとランサーについてです。ちなみにセイバールートがメインの作品でもあります。


f:id:kamigami000bond:20180515230601j:image
f:id:kamigami000bond:20180515230728j:image

この二人は、アニメオリジナルの戦闘シーンで特に大きな活躍をしたサーヴァントであります。

 

ちなみにアーチャーについては、Fateシリーズをよく知らない人でも見かけたことくらいならあると思います。背中がとてもたくましい赤い男性です。

 

 

二人の活躍した回をお見せしつつ、その魅力について語っていきたいと思います。

 

 

 

アーチャー活躍回 第14話 理想の果て


f:id:kamigami000bond:20180516203156j:image

 

「ああ。時間を稼ぐのはいいが――
  
別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

 

アインツヴェルン城にて、主人公一行はバーサーカーと遭遇。

 
f:id:kamigami000bond:20180516203219j:image

 

そんな主人公たちを逃がすべく、単騎でバーサーカーと対峙するアーチャー。

 

原作では戦闘シーンはカットされてしまったものの、アニメではその詳細が描かれ、人気回の一つにもなった。

f:id:kamigami000bond:20180516183728j:image

 

力の差は歴然。

 

バーサーカーの強さに圧倒されてしまうアーチャー。相手の攻撃で壁に埋もれてしまった。このまま惨めに負けてしまうのか!?

 

f:id:kamigami000bond:20180516183750j:image

 

しかしアーチャーには秘策があった!

 

まずバーサーカーを屋上まで誘い出す。そしてなんと罠に掛けたのだ。


f:id:kamigami000bond:20180516203906j:image

 

その後、自前の“投影魔術”で武器を強化し、バーサーカーに強力な一撃を叩き込む。


f:id:kamigami000bond:20180516203842j:image


かっこいいポーズ。

 

 

 

しかしそれでも相手の猛攻は止まらない。それを前に、アーチャーはついに“宝具”を展開する。

 

 

I am the bone of my sword.
――― 体は剣で出来ている

 

Steel is my body, and fire is my blood.
血潮は鉄で、心は硝子

 

I have created over a thousand blades.
幾たびの戦場を越えて不敗

 

Unknown to Death.
ただの一度も敗走はなく

 

Nor known to Life.
ただの一度も理解されない

 

Have withstood pain to create many weapons.
彼の者は常に独り剣の丘で勝利に酔う

 

Yet, those hands will never hold anything.
故に、その生涯に意味はなく

 

So as I pray, UNLIMITED BLADE WORKS.
その体は、きっと剣で出来ていた

 


f:id:kamigami000bond:20180516204734j:image
f:id:kamigami000bond:20180516205134j:image

 

自身の固有結界を発動。

 

アーチャーは今までたくさんの武器を投影してきた。それらの武器はなんと結界内でストックされていたのだ。

 

 

その数多の武器をバーサーカー目掛けてぶつけんとするアーチャー。

 

果たしてこの激闘を制すのは弓兵か狂戦士のどちらなのか!!?

 
f:id:kamigami000bond:20180516211019j:image
f:id:kamigami000bond:20180516211044j:image

 

ランサー活躍回 第22話 願いの果て


f:id:kamigami000bond:20180516212115j:image

 

こちらも原作ではカットされた、ランサーとギルガメッシュの戦闘シーン。

 

アーチャー同様、主人公一行を逃がすために敵の前に立ちはだかるランサー。

 

 

相手はどのサーヴァントよりも規格外の強さを誇る、英雄王 ギルガメッシュ。正確にはこいつもアーチャーなのだが、詳しい事情は割愛する。


f:id:kamigami000bond:20180516212920j:image

 

相手の無数に飛んでくる武器を、槍で叩き落としていくものの、やがて疲弊し鎖で拘束されてしまう。

f:id:kamigami000bond:20180516213500j:image

 

こうなってしまってはランサーにもう勝ち目はない。

 

それでも彼は絶望した顔など見せず、ニヤリと笑ってドンと構えるのであった。まさに男の鑑である。


f:id:kamigami000bond:20180516213654j:image
f:id:kamigami000bond:20180516214032j:image
f:id:kamigami000bond:20180516214054j:image

 

結局、ランサーはギルガメッシュに倒されてしまうのだが、そのおかげで主人公一行は、ギルガメッシュを倒す切り札を見出すに至った。

 

ランサーの活躍回(おまけ編) 劇場版Fate/stay night Unlimited Blade Works


f:id:kamigami000bond:20180516214543j:image

 

こちらはアニメオリジナルではないのだが、もう少しランサーについて書いていくとする。

 

アーチャールートにて、遠坂凛と協力関係になったランサー。

 

捕らわれた凛を救うべく、マスターである言峰に歯向かう。言峰はランサーに凛の殺害を命じるも、ランサーはこれを拒否。むしろ「オレにそいつを殺させたいなら令呪でも使うんだな!」と言峰に言ってのける。

 

「ただし、使った後でオレはお前を殺す!!」

 

ランサーの発言にはそういう脅しが含まれていた。

 

そんな状況下でありながらも、言峰は令呪を使用する…。

 

 

 

「では命じよう。自害しろ、ランサー!」

 


f:id:kamigami000bond:20180516221404j:image
f:id:kamigami000bond:20180516220732j:image

 

サーヴァントに対する抑止力である令呪により、自害を命じられたランサー。

 

所持していた槍をそのまま自身の心臓に突き刺し、その場に伏してしまう。

 

  

思い通りに動かないサーヴァントなど脅威そのもの。言峰は何の躊躇もなくランサーを切り捨てた。

 

このままランサーは終わってしまうのか!?そう思った次の瞬間…!!!


f:id:kamigami000bond:20180516221318j:image
f:id:kamigami000bond:20180516221446j:image

「生憎だったな、言峰…。この程度でくたばれるんならよ、オレは英雄になんぞなってねえ!!」

 

 

まだ死んでいなかった!!!

 

槍で見事に相手の急所を突いたランサー。

 

あの状況下でありながら生き永らえた驚異の生命力。もしかすると、ゴキブリやムカデの非ではないのかもしれない。

 

 

急所を突かれた言峰もまた、そのまま倒れ伏すのであった。


f:id:kamigami000bond:20180516222313j:image

 

ランサーの上に乗っかってやるなや!!!

 

間一髪のところで、遠坂凛の救出には成功したものの、ランサーが致命傷を負ったことに変わりはなかった。


f:id:kamigami000bond:20180516222747j:image

 

最後に言峰の死体を焼却すべく、ランサーは建物に放火する。

 

その際、凛はランサーみたいな人間がタイプだと告白する。ランサーもまた、凛みたく美人で強情で胆の据わった女性がタイプだと告白した。そして最後に、彼女に長生きするよう言うのであった。


f:id:kamigami000bond:20180516223527j:image

 

 

 

ん、間桐慎二がどうしたって?


f:id:kamigami000bond:20180516223735j:image

 

あぁ、そういやこんなシーンもあったなぁ…。

 

まとめ

f:id:kamigami000bond:20180517081706j:plain
f:id:kamigami000bond:20180517081720j:plain
f:id:kamigami000bond:20180517081856j:plain
f:id:kamigami000bond:20180517081754j:plain


原作では描かれなかったシーンを、アニメや漫画で補完するのは結構好き。

 

 

 

最近のアニメはどうも融通が効かないものが多く、原作に忠実になりすぎて、もうアニメにする必要性がなくなってきている感じしかしない。

 

何と言うか、もう少し冒険したっていいと思う。

 

 

FGOを通して、Fateシリーズなるものを知ったのだが、普通にアニメで見ても素晴らしいコンテンツだ。

 

機会があれば原作の方もプレイしてみようかな(やるとは言ってない)。

 

 

以上、よろず屋ダイアリーでした。