よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

【スマブラ64】ほねヨッシーがゴールを目指して奔走する物語

スマブラ64をプレイしている方なら分かると思うが、1Pモードには「ボスのところまでたどりつけ!」というボーナスステージが存在する。直後にマスターハンドとの戦闘が控えているかと思いきや、その前にザコ敵軍団との戦闘が待っている。

 

 

 

「どう考えてもボスちゃうやん、お前ら!!」

 

 

 

とツッコミを入れたくなる。

 

 

 

 

この「ボスのところまでたどりつけ!」だが、とある方法を使うことで1Pモード以外でもプレイできる。要はそこでも対戦できるということなのだが、どれだけ相手を殴っても場外に吹っ飛んでくれない。


f:id:kamigami000bond:20180723173428j:image
f:id:kamigami000bond:20180723173531j:image
f:id:kamigami000bond:20180723173641j:image
f:id:kamigami000bond:20180723173805j:image

誰かがこのようにゴールインすると、サドンデスに突入するか、ゴールしたプレイヤーが強制的に勝者となる。

 

 

 

 

しかし二人ともイレギュラーキャラなので、勝利画面に行くとゲームがフリーズする。


f:id:kamigami000bond:20180723173602j:image

 

死してなお動き続ける創造欲の化身。

 

 

 

さらにCPも排除し、完全にお一人様モードで遊んでみた。ヨッシーが可愛いと思ったので、ヨッシーを使ってみるとしよう。


f:id:kamigami000bond:20180723172823j:image 

 

超可愛い。

 

見ての通り白骨化しているが、可愛いと思う人は多数いると思う。マリオシリーズではカロンをはじめ、ほねクッパやほねマリオも登場している。ほねピーチやほねロゼッタも今年発売されるスマブラに登場するとの噂なので、気になる人はチェックしてみよう!

 

 

 

前書きが長くなった。この記事では、骨になったヨッシーがひたすらゴールを目指して頑張る記事である。昆虫の観察日記のようなもので、具体的な中身はない。

 

 

 

スマブラやマリオシリーズに関心がある人向けの記事となる。

 

 

 

さて、ゲームスタート。


f:id:kamigami000bond:20180724053622j:image

 

 

まずはアピールで観客に声援を送るほねヨッシー。タンパク質がなくなっても声帯だけは健在であり、声を出すことはできる。右上の制限時間が少々不気味ですね。

 

 


f:id:kamigami000bond:20180724054235j:image

 

ん、どうしたほねヨッシーちゃん。ゲームはまだ始まったばかりだぜ?

 

てくてく走り出すほねヨッシー。最初の関門は触ると爆発する障害物です。


f:id:kamigami000bond:20180724054710j:image
f:id:kamigami000bond:20180724054805j:image

 

見事にクリア!!

 

着々と進んで行きますほねヨッシー!まだ1分半しか経ってません!!ですが時間に余裕があることに越したことはありません!

 

誰しも最短を希望する。昨日の自分とはサヨウナラ。走っている最中、ほねヨッシーはかつての自分を思い出していました。


f:id:kamigami000bond:20180724055006j:image

 

かつてのほねヨッシー


f:id:kamigami000bond:20180724060515j:image

 

た、助けて下さいマリオさーん!!

f:id:kamigami000bond:20180724060659j:image

こ、これは間に合わないかもです!!

 
f:id:kamigami000bond:20180724060729j:image

 

も、もうダメでした…!!

 

 

かつてのほねヨッシーはゴールできない自分を恥じていたが、類稀なる修行の末、大幅にタイムを縮めることに成功した。

 

昔の不器用な自分と別れを告げ、ほねヨッシーは新たな自分へと生まれ変わる!!

 

そして今…

 
f:id:kamigami000bond:20180724064605j:image
f:id:kamigami000bond:20180724064640j:image

 

バンバー地獄をも難なく突破。本当にあの頃と比べて成長したんだね、ほねヨッシーちゃん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

 

 

 


f:id:kamigami000bond:20180724065024j:image
f:id:kamigami000bond:20180724065038j:image
f:id:kamigami000bond:20180724065051j:image

 

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

 

ほねヨッシー、ゴールイン!!!

 

お疲れ様でした!!

 

まとめ

f:id:kamigami000bond:20180724121538j:image

 

THE・茶番。

 

 

これは本来の「ボスのところまでたどりつけ!」の遊び方ではないし、こういう遊び方をすること自体推奨すべきものではない。

 

 

誰しも「64でも終点とか戦場使って対戦してぇ!!」と思ったことはあるはず。僕もその一人で、僕は主にカメラワークについて気になった。


f:id:kamigami000bond:20180724123103j:image
f:id:kamigami000bond:20180724123118j:image
f:id:kamigami000bond:20180724123141j:image
f:id:kamigami000bond:20180724123211j:image

 

スマブラは基本的に3Dスティックを横に倒して移動するのだが、こうもカメラワークが、キャラの前面視点になると操作しづらい。

 

 

本来ならポーズしても前面視点にはならないのだが、とある手段にて視点を強引に変えることができる。そのおかげで、スタッフがいかにステージ作りで手を抜いたかがよく分かって良い。キャラクターはどの角度もしっかりと作られている。ただしステージ、てめぇは駄目だ。

 


f:id:kamigami000bond:20180724192832j:image
f:id:kamigami000bond:20180724192911j:image

 

話が脱線してしまったのと、次回以降もこのスマブラ64ネタを使いたいのでここまでにする。

 

見てくれて感謝でぇす!!