よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

【FGO】おフィンフィンとの思い出を語る

よろず屋ダイアリーです。

 

おフィンフィンことフィン・マックールとは、ケルト神話に出てくる大英雄である。


f:id:kamigami000bond:20180525221354j:image

 

詳しい説明はこちらになります。

 

フィン・マックール(Fionn mac Cumhaill)はケルト神話に登場する、エリン(アイルランドの古い呼び名)の上王コーマックを守る、フィオナ  ● 騎士団の首領。レンスター国のバスクナ一族の生まれで、生来の名はデムナ(ディムナ)だったが、金髪で肌が白くて美しいことからフィン(『金色の髪』の意)と呼ばれるようになった。 

 〈出典:Wikipedia

 

 

 

 

これから僕が語るのは、Fateシリーズにおけるフィン・マックールことおフィンフィンのことや、FGOを通して培われた僕と彼との思い出についてである。

 

それではお楽しみ下さいませ♪

 

 

 

Fateシリーズにおけるおフィンフィン


f:id:kamigami000bond:20180525221546j:image

 

FGOでは第一部 第五章に登場した。マシュのことが大好きで、どこぞの英雄王のように彼女に求婚を申し込むも、見事に玉砕されてしまう。そしてそのまま倒されて消滅した。

 

 

サーヴァントになる前、おフィンフィンにはグラニアという、将来を約束した美しい女性がいた。しかし彼女は部下のディルムッドに魅了されてしまう。

 

 

その腹いせに、イノシシに食べられているディルムッドをそのまま見殺しにした。部下がムシャムシャ食べられ、肉片に変わっていくのをじっくり見ていたとか見てないとか。

 

サーヴァントになってからは、ディルムッドに対して特に恨みはなく、お互いに関係は良好と言える。

 

おフィンフィンが登場する映像作品について

 

「Fate/Zero」「Fate/Apocrypha」「衛宮さんちの今日のごはん」にて、おフィンフィンの姿が確認されている。

 

あとFGOのCMにもちゃっかり出演していた。しかしこちらは…(´・ω・`)

 

ま、とりあえず順に見ていきましょうか。

 

初期はジジィだった!?おフィンフィンの後年の姿!!

 

おフィンフィン自体の初出は「Fate/Zero」で、唯一の部下であるディルムッド・オディナというサーヴァントの回想シーンに登場した。

 

f:id:kamigami000bond:20180523205016j:image

<出典:http://www.animecharactersdatabase.com/jp/characters.php?id=34592> 

 

f:id:kamigami000bond:20180523205054j:image

<出典:http://www.animecharactersdatabase.com/jp/characters.php?id=34592

 

自毛が金髪であるにも関わらず、黒になっている。おそらく自ら黒に染めたのだと思われるが、メタ的に言うとただの作画ミスだろう。

 

当時はおフィンフィンがサーヴァントとして参戦する予定がなかったためか、後年の姿で登場した。骨格についても、FGOに登場するものと比べると明らかに違う。それを言うなら、エルメロイ二世とウェイバーも似たようなものだけど…。

 

 

当然ながら声優も異なる。FGOでは三木眞一郎さんだったが、後年の姿であるため楠見尚己さんになってる。

 

髭も立派に生やしている。若かりし頃は美しさに執着していた彼だが、年齢を重ねたことで、いろいろ諦めたのかもしれない。

 

FGO準拠のおフィンフィンが初登場!!でも暗くてよく見えない…!?

 

FGOのキャラデザを踏襲したおフィンフィンが、初めて出てきたのはTVアニメ版「Fate/Apocrypha」である。

 

 

ダーニックという魔術師に付き添うかたちでの登場だったが、ご覧の通り肝心のおフィンフィンはよく見えない。


f:id:kamigami000bond:20180524175754j:image

<出典:http://fatemaster.net/archives/p26875.html

 

もう少し証明を明るくしよう。

 
f:id:kamigami000bond:20180524180805j:image

 

 

 

 

 

 





 

 

 


f:id:kamigami000bond:20180524205137j:image

いた( 笑 )

 

確かにおフィンフィンである。

 

ダーニックはサーヴァントを駒としか考えてない外道である。そんな魔術師をマスターとして従うおフィンフィンだが、果たして無事に英霊の座に戻ることはできたのだろうか。

 

まさかの場面で登場したおフィンフィン!!


f:id:kamigami000bond:20180524210654j:image

<出典:https://graoda.blog.fc2.com/blog-entry-4800.html

 

回想シーンに登場した。そのとき衛宮家では鮭のホイル焼きを作っており、

 

 

「鮭と言えば、親指に付いた鮭の脂をベロベロ舐めてたフィン・マックールって英雄がいたなぁ!」

 

 

という感じで急に出てきた。FGO準拠の容姿でである。

 

魚にはDHAが含まれており、頭の働きを活性化させる。故に叡智だの智慧だの言われてた。DHAを摂取しても頭の悪い人間なんていっぱいいるんだし、そんな大層なものでもない。

 

ところでおフィンフィンよ、もう少しマシな方法でDHAを摂取してはどうだろう?いくらなんでも意地汚い。

 

これがおフィン…フィン!?

 

f:id:kamigami000bond:20180525071937j:image
f:id:kamigami000bond:20180525071951j:image
f:id:kamigami000bond:20180525072002j:image

<出典:http://fate-go-guidebook.blog.jp/archives/3857566.html

 

やだ、イケメン…(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

 

 

おフィンフィンの戦闘シーン。CMなので数秒だけの出番ではあったものの、画面を動き回る彼の姿は本当に素晴らしいと思う。

 

角度によっては女の子に見えなくもない。おフィンフィンは常日頃、自分が一番美しいと言ってはいるが、部下のディルムッド以外は誰も聞く耳を持っていない。

 

なのでこちらから言わせてもらう…!

 

美しい!!!

 

おフィンフィンとの思い出

 

おフィンフィンが我がカルデアにやって来たのは、ちょうど僕が第一部 第五章に手を付けた頃だった。

 

当時はランサークラスのサーヴァントそのものを育成していなかったし、しかも高レアだったのはとても嬉しかった。

 

 

コマンドカード選択時の「ああっ…!!」という声があまりにも素敵だった。

 

他にも

 

「華麗に!」

 

「舞うが如く!」

 

「フィオナ騎士団の名の元に!!」

 

もある。

 

もう耳から離れてくれない。おフィンフィンは美しすぎる。

 

 

 

 

しかし僕は、そんな彼をレアプリにしてしまった。


f:id:kamigami000bond:20180525180934j:image

<出典:http://blog.livedoor.jp/negzero/archives/17319933.html

 

当時の僕の心境はこれだ。

 

僕は彼を育成しなかったばかりか、なんとくべてしまったのだ。Shinji ran away.

 

 

そんな中、槍トリア[オルタ]が来てくれた。僕はおフィンフィンを捨てた罪悪感を払拭すべく、彼女をより強いランサーに仕立てあげた。

 

 

 

そして気付けばおフィンフィンのことを忘れていた。

 

でもこれでいいのかもしれない。僕にはおフィンフィンと縁がなかった。それだけの話である。きっと他のマスターが彼を使役してくれる。それでいいじゃないか、うん。

 

まとめ

 


f:id:kamigami000bond:20180525223537j:image

 

ぶっちゃけた話、初めて見たときからフィンとか使いたくなかった。だから彼をレアプリにしただけの話である。高レアだったら誰でもいいわけじゃないんだよなぁ。

 

 

後にネット上で、フィンが「おフィンフィン」と呼ばれていると知り、なんだかよく分からないが彼に愛着が出てきてしまった。

 

 

そして気が付けばこうして彼についての記事を書いているという( 笑 )

 

フィンのファンの人たちには申し訳ございません。

 

 

えぇと、よろず屋ダイアリーでした。