よろず屋ダイアリー

健常者もどきの20代♂による雑記

【ステラ女学院高等科C3部】大和ゆらと自分を重ねてみた

f:id:kamigami000bond:20180702202608j:image

 

まず始めに大和ゆらとは、「ステラ女学院高等科C3しーきゅー部」に登場するキャラクターである。

 

 

引っ込み事案だが、真面目で素直な性格の女の子。ありがちと言われればそうだが、むしろそれが良い。

 

 

 

サバゲー部に所属しており、部員とも最初は仲が良かったものの、部長がいなくなってからは、自身に秘められた内弁慶ぶりを遺憾なく発揮した。

 

 

それ以降、部員とも折り合いが悪くなり、やがて孤立していく。

 

最後は幽霊に諭され、みんなとも(表面上は)仲直りする。

 

 

実際アニメを見ていて思ったのが、

 

 

「大和ゆらって僕と似てるな…(困惑)」

 

 

 

だった。ちなみに容姿面は別に似ていない。

 

 

 

大和ゆらの性格と彼女が起こしてきた問題を、僕と重ねながらじっくり語っていきたいと思う。

 

 

 

 

コミュ障・人見知り

f:id:kamigami000bond:20180704214227j:image

 

僕も典型的なコミュ障である。

 

 

そして便所飯も体験したことがあります( 笑 )

 

 

 

 

引っ込み思案で自分に自信が持てない。それ故、人目が気になるという悪循環が生まれてしまう。

 

 

実際に文化祭でも大和ゆら(以下:ゆら公)は、中学時代のクラスメイトも来るのではとビクビクしていた。

 

 

 

高校生になった今とは異なり、暗くてネガティブな女の子だった。いじめられてはいなかったものの、上述の性格故に友だちがいなかったたため、クラスで浮いた存在になっていた。


f:id:kamigami000bond:20180706223316j:image
f:id:kamigami000bond:20180706223059j:image

 

 

僕もそうである。昔の知り合いに会うのは今でも怖い。

 

 

 

僕が最も人目を気にする瞬間というのが、昔の知り合いに自分を見られることである。まぁ誰もがそうなんですけどね。見知らぬ人に見られても緊張も何もしないっての。

 

 

内弁慶

 

ゆら公は、初対面時は初々しくて可愛いのだが、人と親しくなると、内弁慶ぶりを遺憾なく発揮する。

 

 

 

僕も基本的にそうだ。高校で部活をしていたときなんて、入部当初は引っ込み思案みたいな感じだったのだが、入ってからしばらく経つと、先輩に平気で口答えするなど、ゆら公と化していた。

 

 

 

 

ただゆら公の場合は、内弁慶の「内」の範囲が、他校のサバゲー部も含むなど、僕よりも結構広い。

 

 

 

そしてなにより、ゆら公の場合は、そのら先輩が怪我をし試合に出れなくなった責任は自分にあると思い込み、周りが見えなくなっていたというのもある。

 

 

 

 

しかし大部分は、人に慣れてしまうと図々しくなるタイプなのだと思う。

 

 

僕もそのタイプで、それを自覚して以降は、なるべく人と一定の距離を置くか、親しき者にも礼儀ありを徹底するよう心がけている。

 

 

 

重要なことを言うのを後回しにする

 

ゆら公はサバゲーの試合で優勝したのだが、審判も気づかない反則勝ちをした。弾が当たり自分がアウトになったにも関わらず、相手に発泡したのだ。

 

後日、メンバーたちに打ち明けるも、トキ素手にお寿司。ゆら公にブーイングの嵐が巻き起こった。

 

f:id:kamigami000bond:20180723062847j:image
f:id:kamigami000bond:20180723062855j:image

 

僕もゆら公と同じく、重要なことを人に言うのを後回しにしがちである。

 

例えば夏休みの宿題だと、親に読書感想文や自由研究をやらなかったことを報告すると、怒声を浴びせられた。まぁそれ以前に着手せえよって話だが…。

 

 

責任転嫁

 

しかしゆら公は、「自分が反則行為をしてしまったのは相手が悪い」と、自身の非を認めない悪人と化していた。


f:id:kamigami000bond:20180723062836j:image
f:id:kamigami000bond:20180723063108j:image

 

責任転嫁するのは、組織のお偉いさんあるあるなのだが、ここまで露骨に直接相手に言うのはどうかと思う。

 

 

僕も不利益を被った場合、自身の非を認めず、相手のせいにしがちだ。しかし最近では50%程度であれば、なんとか自分のせいにできるようになってきた。

 

まとめ

 

ゆら公の内弁慶ぶりが特に僕と似ているなと思った。

 

最初はみんなに丁寧に接するも、そのうち攻撃的になってしまうのも、僕そっくりである。

 

 

ゆら公は最初はセミロングだったのだが、3話にて断髪した。メンバーに対して内弁慶を発揮するようになったのはこの頃で、髪の毛が大和ゆらの本体だったのではと、視聴者から指摘の声も上がったそうな。

 

 

 

ゆら公のコミュ障と内弁慶さ、「ワタモテ」のもこっちのクズっぷりを足したのが僕の中身です。正確に言うとそんな感じです。

 

 

最初にゆら公のクズさを見たとき、僕は彼女に感情移入できた。僕が周りに迷惑をかけるのと同じく、彼女もまた周りに迷惑をかけていたのだ。なんという奇跡…。

 

 

「ステラ女学院高等科C3部」は評判が良いアニメとは言えないけど、ゆら公とカリラちゃんは可愛いです。

 

全体的にクセのある作品ですが、視聴をオススメします。